fc2ブログ
トップ > がん

がん 

2011年09月06日 ()
都内某所、がんの専門医、桧田仁先生のお話を伺ってきました。
テーマは、『がん治療における医療現場の最前線』

がん 統計
2人に一人がんにかかると言われていますので、がんをもっと知る必要もありますし、
日ごろの生活で気をつける事もあるそうです。
そんなお話を聞いてきましたので、箇条書きにしてみます。

まず、病院でがんの疑い、またはがんと診断されると、セカンドオピニオン、サードオピニオンの為に、
違う病院で再検査を受ける事になります。
PETなどの検査料を含め、一つの病院で30万かかりますので、
3つの病院で検査を受けると90万円かかります。
一般にその病院の先生の得意な(出来る)治療方法を進めるケースが多く、
何人かの別の先生の意見を聴くことはとても大切です。

がんの治療方法は多種にわたりますが、最低300万円かかり3割負担で90万円必要です。
治療の為、仕事が出来ませんので、収入がなくなります。
治療中は10日毎に、病院から請求書が来ます。
がん治療のうち、保険可能なのは約2割、それ以外は、自費負担します。
がん患者の9割は、治療費を気にしながら治療を受ける事になります。

治療方法は、自分で決める事をお勧めします。
他人に相談すべきではないのです。

抗がん剤治療が一般的ですが、2割の患者に効果あるが、8割は効果なし。
遺伝子治療には、検査30万、治療430万かかります。
肺がんの抗がん剤は100万。
子宮癌などウィルスによるがんはワクチンで避ける事が出来る。

日ごろの生活で、がんにかからないようにするには、①よく食べる②生きがいを持って生きる(笑う、恥をかく)
③性生活(愛し、愛される)

食べ物ですが、①豆類 ②やまいも、おくら、玉ねぎ ③海のもの(わかめ、ヒジキ、魚介)

近年、がんの死亡率は増えている。

このようなお話を伺いました。


がん保険が一般的ですが、入院も短期化する中、一時金を多く受けとる商品のニーズが増えてきています。

先進医療の特約も絶対ですね。




スポンサーサイト



[2011.09.06(Tue) 17:03] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)

↑この画面の上部へ


 ← 年末に向けて | トップ | 集中豪雨による水害、台風による風災 異常気象

このブログは、株式会社アトラスコンサルティングの代表取締役である藤井正行によって運営されています。

Profile

会社ホームページ

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

[ 管理用 ]